石井眞木 – 著書

「西の響き・東の響き/石井眞木の音楽」

Ishii 1997 Bookcover

西の響き・東の響き
石井眞木の音楽
—二つの音世界からの創造—

編集者:クリスタ・石井−マイネッケ

発行:1997

判型:大型本、279ページ

出版社(日本、アジア、濠州):音楽之友社
ISBN-10: 4-276-13273-8
ISBN-13: 978-4-276-13273-3
出版社(他の国):メック音楽社
ISBN-10: 3-87549-053-3
ISBN-13: 978-3-87549-053-4

Amazon (jp): リンク

紹介

[日独英の3カ国語による執筆]音楽之友出版社/メック出版社(ドイツ)

この著書は、 石井眞木が自身の音楽 について詳細に記述した文章の他に、内外の7人の音楽評論家、言語学者が石井眞木の音楽について記述している。

これらの文に石井眞木の〈年譜(音楽歴)〉、〈作品一覧〉、〈ディスコグラフィー〉がおさめられている。これら全ては日独英の3ケ国語によるが、翻訳陣はシドニー・コーベット、クリス・ドレイク、クリスタ・石井−マイネッケ、初見基、ラインホルト・クワンツ、寺本まり子、ロビン・トンプソンが担当している。

目次

「西の響き・東の響き」

—二つの音世界からの創造・苦渋と幻影—

石井眞木

石井眞木

—多層的時間の総合—

佐野光司

「統合としての音楽世界」

—石井眞木の音楽作品について—

ヴォルフガング・ブルデ

「響層のアナグラム」

丸山圭三郎

「東西交響の只中で」

—石井眞木の《風姿》に関する一考察—

船山隆

「凝固する〈とき〉」

—作曲家石井眞木—

ローター・マットナー

「モノクローム」

—日本太鼓のエモーショナルな美学と石井眞木の”非音楽的時間”—

秋山邦晴

「響きのイコノロジー」 ”ICONOLOGY OF SOUNDS”

—石井眞木の音楽と日本伝統音楽の空間概念ー—

木戸敏郎

あとがき

石井眞木

Creative Commons License このページは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
の下でライセンスされています。
Last change: 2008-02-22
お問い合わせ