螺旋 I (1969)

基本
作品名(英) La-Sen
作品名(独) La-Sen
作品記号 015
作品年 1969
ジャンル 室内楽
演奏時間 14分
楽器 Fl, Ob, Hp, Pf, Perc, Elec-Sounds
楽譜・譜面
リコーディ音楽出版社本社
住所 G. Ricordi & Co. Bühnen - und Musikverlag GmbH
Stralauer Allee 1
10245 Berlin
ドイツ (Germany)
電話 +49 (0)30-52007-08
ファクス +49 (0)30-52007-1333
メール info@ricordi.de
日本の代理店:株式会社ヤマハミュージックメディア(出版部)
電話 03-6894-0250(代表)
メール ymeg-ymm-pub-hire@gmx.yamaha.com
atsuko_ishigaki@gmx.yamaha.com
研究スコア販売(世界中):ミュージク・ショップ・ユーロプ
ホームページ Music Shop Europe

曲目解説

楽器+電子音響,古い素材+新しい素材,などの結合がこの作品を特徴づけている。古い素材としては,多種の日本の伝統的打楽器をはじめ、聾明などが用いられ, これらが発振器による,いわゆる電子音,あるいは, コンクレート的な現代の音などと混然と電子音響を形成し,舞台上の7 人の独奏者による演奏と一つになる。そして,これらが単に結合するだけでなく、そこから新しい音響の世界をかもし出し、構成的に、大きな二つの螺旋状のたかまりを知覚出来れば,少なくとも一つの点でこの作品のねらいが具現化した, と云える。

この作品はNHK の依嘱作として1969年3 月に完成きれ,同年同月初演放送されている。電子音響は, NHK 電子音楽スタジオの制作による。

石井眞木, 1970-02-06。源:日独現代音楽祭4のプログラムより